のぼせが気になる人へ

あなたののぼせの原因は?

のぼせ

暑くもないのに頭がボォーッとしたり、顔や首筋がほてったり、汗をかいたり・・・。
これらは更年期の典型的な症状であり、また、高血圧などでも比較的よく現れます。

  • 更年期障害
  • 自律神経失調症
  • 甲状腺機能亢進症(バセドウ病)
  • 高血圧
  • 降圧薬の副作用
  • 多血症

症状から考えられる病気

nobose-img05.gif
なにもしてないのに急にのぼせる
更年期障害
自立神経失調症
nobose-img02.gif
汗が出る
更年期障害
自律神経失調症
甲状腺機能亢進症
nobose-img04.gif
手足が震える

甲状腺機能亢進症
nobose-img03.gif
赤ら顔、目が充血している
降圧薬の副作用
多血症
手足が冷えたりしびれる更年期障害、自律神経失調症
上記のような特徴が少ない場合高血圧

どうすればよいのでしょう?

画像の説明

のぼせは首から上の血流量が増えるために起こります。

なぜ血流量が増えるのかというと、それには、血管が拡張したり血圧が上昇すること(高血圧)が関係しています。血管の拡張や収縮、血圧の変動はおもに自律神経によって支配されていて、その自律神経はホルモンバランスの影響を強く受けてます。

このため、ホルモンバランスが乱れやすい更年期の女性の多くがのぼせを自覚しますし、高血圧の患者さんにもよくのぼせを訴えます。

このようなのぼせには、からだ全体のバランスを整える漢方薬による治療が大変適していて、実際に、漢方薬がよく効く症状でもあります。

ぜひ、薬屋さんで相談してみてください。

治療のあらまし

自律神経失調症、更年期障害いずれも漢方薬がとくに得意とする分野です。
高血圧血圧の直接的なコントロールには西洋薬が適しています。ただ、血管を拡張することで血圧を下げる薬は、副作用でのぼせが現れることがあります。高血圧に伴う症状の改善には、漢方薬も用いられます。
多血症中年の男性におこりやすい、赤血球が多くなりすぎる病気です。ストレスが関係していることがあります。瀉血治療(しゃけつちりょう:血を抜くこと)をおこないます。
甲状腺機能亢進症甲状腺の働きを抑える薬を服用したり、手術で甲状腺を切除したりします。自覚症状の改善に漢方薬が有効なこともあります。

漢方では、のぼせを気血の上衝(逆上)ととらえ、頭の方に上がっている気を血を下ろし、バランスよく全身に巡らせることで治療します。



チェックポイント

img_cheack_toumei.gif
  • いつからのぼせが起こるようになったのか
  • どんなときに起こるのか
  • のぼせの頻度や持続時間
  • のぼせに伴う症状
  • 持病はあるか

こんな時は、まずお医者さんへ

img_byouin_toumei.gif

お医者さん.や薬屋さんに相談するとき、次のようなことを伝えてください。

  • のぼせが初めて起きたとき
  • 喉のあたりが腫れている
  • 手足が震える
  • 発熱を伴う
  • 目が充血している
  • 顔が赤い
  • そのほかの強い自覚症状がある

日常生活の工夫

手先や下半身を温める顔や頭がのぼせる一方で、手足は冷たくなっていることがよくあります。そのようなときはお湯に手足をつけると、その血管が広がって血液が頭から手足に流れるようになり、手足が温まるだけでなく、のぼせもなおります。

nobose-img11.gif

タオルやハンカチを持ち歩くのぼせとともに汗がでることもありますので、 外出時はバックにタオルやハンカチを多めに入れておくと便利です。

nobose-img13.gif

のぼせを過剰に心配しない人前に出て緊張したときなどはのぼせやすいものですが、緊張する前からのぼせの心配をしていると、よけいに症状が現れやすくなっていまします。

nobose-img12.gif

のぼせのツボ「中脘(ちゅうかん)」「百会(ひゃくえ)」

ツボ

おへそとみぞおちの中間「中脘」を親指の原で押してください。

また、頭のてっぺんの「百会」を押すのも効果があります。


牛黄清心元は、高血圧を起因とする諸症状を緩和します。
お気軽にお問合せ下さい。
0120-000-382