耳鳴りがきになる人へ

あなたの耳鳴りの原因は?

耳鳴り
耳なりは、もちろん耳の病気でも起こりますが、そのほかの耳なりも数々あります。
そのような耳なりは検査をしても症状・原因ともによくわからず、辛さは患者さん本人にしかわかりません。

耳の病気伝音性の耳なり耳管狭窄 、 中耳炎 、耳垢栓塞 、 耳硬化症
感音性の耳なり内耳炎、メニエール病、突発性難聴、老人性難聴
脳の病気脳腫瘍(のうしゅよう)、脳卒中や頭部外傷の後遺症
その他高血圧、低血圧、内耳や脳の血行障害、自律神経失調、更年期障害、ストレス、薬(抗生物質やアスピリンなど)の副作用など

症状から考えられる病気

耳が遠くなる突発性難聴、老人性難聴、耳垢栓塞、耳管狭窄、耳硬化症、メニエール病、薬の副作用
めまいがするメニエール病、内耳や脳の血行障害、脳腫瘍、脳卒中や頭部外傷の後遺症
自分の声が響く耳管狭窄、中耳炎
耳なり突然起こった突発性難聴
耳の中が痛い・耳だれがでる中耳炎、耳垢栓塞
どうきやしびれなど全身に
不快な症状がある
自律神経失調症、更年期障害、ストレス
どうきにめまいや耳なりを伴う高血圧、自律神経失調症、更年期障害
上記のような特徴が
少ない場合
内耳や脳の血行障害、高血圧、低血圧

どうすればよいのでしょう?

耳鳴り

明らかな耳の病気が原因であれば、耳鼻科でその治療を受けてください。
ただし原因がはっきりしない耳なりのほうが、実際には多いものです。

そのような場合、自律神経やホルモンバランスの乱れ、内耳の血行障害などの影響が考えられますので、規則正しい生活や漢方薬などで体調を整えることがしばしば症状の改善につながります。

薬屋さんに相談してみましょう。

治療のあらまし

耳の病気伝音性の耳なり音の振動を内耳に伝える経路に障害が起きているので、薬物治療や手術治療などでそれを物理的に取り除きます。
感音性の耳なりビタミン剤、血行改良薬、ステロイドなどの西洋薬や漢方薬で、内耳の働きを調整します。難聴を伴うときには補聴器を使います。
脳の病気西洋医学的な治療が優先されますが、症状の改善には漢方薬などによる全身的な治療が有効なことがあります。
薬の副作用によるものすぐに薬を処方されている主治医に相談してください。
その他
(高血圧、低血圧、更年期障害ほか)
内耳や脳の血行改善、自律神経・ホルモンバランスの調整を図ります。これらは漢方薬が得意な分野といえます。



チェックポイント

img_cheack_toumei.gif

お医者さんや薬屋さんに相談するとき、次のようなことをお伝えください。

  • いつから耳鳴りがおこるようになったのか
  • 片側の耳におこるのか、両耳におこるのか
  • 耳なりに伴う症状
  • 耳なりの頻度や持続時間
  • 持病はあるか
  • 服用中の薬

こんな時は、まずお医者さんへ

img_byouin_toumei.gif
  • 耳なりが初めて起きたとき
  • 耳が遠くなる
  • めまいを伴う
  • 耳が痛い
  • 耳だれが出る
  • そのほかの強い自覚症状がある

マスカー治療について

イヤホン

イヤホンからごく小さな雑音を絶えず流し、耳なりを相殺する対症的治療法があります。
いろいろな治療を行っても耳なりが気なるときに試みられます。
※漢方では、 気 ・ 血 ・ 水 の滞りが耳なりを引き起こすと考えています。 気・血・水のどれが一番影響しているかによって、 証 にあった漢方薬を使います。

日常生活の工夫

規則正しい生活耳なりの原因の背景には、からだや心の不調があることが多いようです。 規則正しい生活、十分な睡眠で体調を整えましょう
禁煙たばこは内耳や脳の血行障害を招きます。
ストレス発散例えばスポーツヨガ、散歩、あるいは趣味などで、ストレスを解消しましょう。 なにかに熱中したり、心がリラックスしているときは。耳なりがあまり気にならなくなります
耳なりをきにしすぎない耳なりをやり過ごすくらいの、おおらかな気持ちになることも必要かもしれません。 あたりが静粛であれば、だれでもわずかな耳なりを感じるものです。

どうきのツボ「翳風(えいふう)・天柱」

ツボ

首から頭部にかけての結構改善に効果的なツボが「翳風(えいふう)」と「天柱」です。 耳たぶの裏のくぼみのところ「翳風」を軽く指圧してください。

また、首筋の左右にある「天柱」に親指を立てて指圧してみましょう。


牛黄清心元は、高血圧を起因とする諸症状を緩和します。
お気軽にお問合せ下さい。
0120-000-382